特別養護老人ホーム むなかた | 株式会社 志賀設計 株式会社 志賀設計

特別養護老人ホーム むなかた  Assisted Living Nursing Home”Munakata”

建物は宗像の山の中腹に位置しています。斜面地に沿って3つの棟を配置し、棟の間に向けた中庭を活用しながら、各居室に光と風を導く計画としました。各棟には山形の屋根を付け、集落を作っているイメージを演出しました。

1階は広いエントランスホールに連続して多目的ホールを設け、地域住民との交流の場として活用し、上階はユニット型特養を計画しました。当時、ユニット型特養は少なく、試行錯誤を行い、最近の特養より各ユニットが独立性の高いプランが実現しました。

DATA

所在地 福岡県宗像市
竣工年 2004年
構 造 鉄筋コンクリート造
規 模 地上3階/延べ床面積:3,770m2