厚南セントヒル病院透析棟 « 株式会社 志賀設計

厚南セントヒル病院 透析棟

160床の病床を持つ病院の増築として、透析80床、デイサービス、サ高住50室を計画しました。

メインとなる透析センターを20M×60Mの無柱空間とし、ベッド間をゆったり1.2M確保しました。天井高にゆとりを持たせ、ゆるやかにウェーブするデザインを採用することで、明るく開放的で柔らかい雰囲気の透析空間としています。

コンクリートと白を基調とするシンプルなカラーリングに、木立をイメージしたガラススクリーンが、外観上の特徴となっています。

DATA

所在地 山口県宇部市
竣工年 2015年
用 途 透析センター
構 造 RC造一部S造
規 模 地上2階/延べ床面積:7536.9m2
診療科目 内・循・消・泌・脳・放
病床数 80床