22 « 8月 « 2016 « 八島ノート

八島ノート

 

 

 

 

 

 

CDをコレクションしています!

というか、聴きたいCDを買ってるだけなんですが・・・

 

 

 

 

 

 

CDコレクションの楽しみのひとつが、スリーブのデザインです!!

 

 

 

 

 

昔、LPレコードの時代はレコードジャケットって言ってましたが・・・・

今はスリーブって言うんですね。

 

私のコレクションは専らJAZZなんですが・・・

魅力的なスリーブに出逢った時は、音楽の内容よりもそのスリーブが欲しくなります。

 

 

 

 

そんな魅力的なスリーブの中から、

今回は タイポグラフィの秀逸なデザインを紹介してみましょう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

タイポグラフィと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、やっぱりコレ!

 

キャノンボール・アダレイの『サムシン・エルス』・・・

黒地に、タイトルとメンバーとレコード番号だけ。

でも、強烈なインパクトですよね。

 

音楽も最高です!

 

 

SOMETHIN’ ELSE/Cannonball Adderley (Blue Note Record)

1958年録音/スリーブデザイン:Reid Miles

 

 

 

リード・マイルス Reid Miles は1950〜60年代に活躍したグラフィックデザイナーで、

彼がデザインしたジャズLPのジャケットは今の時代でも人気があります。

 

 

有名なブルーノートレコードのジャケットには彼のタイポグラフィデザインが沢山あります。

 

image

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

マイルス・デイビスのアルバムにも綺麗なタイポグラフィのスリーブがあります。

やっぱりリード・マイルスのデザインです。

 

でも、これはブルーノートレコードではなく、プレスティッジレコードです。

 

 

BAGS GROOVE/Miles Davis(Prestige Record)

1954年録音/スリーブデザイン:Reid Miles

 

 

 

 

 

 

 

⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

人気ピアニスト〜ビル・エヴァンスの初期盤・・・EVERYBODY DIGS・・・

当時の人気ミュージシャンがビルに贈った賛辞が、そのままタイポなデザインになっています。

 

Dig って言うのは、楽しむとか、理解するとか、認めるとか、そんな意味に使うジャズ用語です・・・

 

 

EVERYBODY DIGS BILL EVANS/Bill Evans(Riverside Record)

1958年録音/スリーブデザイン:Paul Bacon, Ken Braren, Harris Lewine

 

 

 

 

 

 

 

⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

8月7日のブログで紹介したトミー・フラナガンの人気盤『オーバーシーズ』・・・・

海の SEA とアルファベットの C を引っ掛けて・・・

その C が山ほど使われて<オーバーCズ>・・・

 

ダジャレ感覚のタイポグラフィです!

 

 

OVERSEAS/Tommy Flanagan(Metronome Record)

1957年録音

 

 

 

 

 

 

⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

最後はカラフルで楽しいタイポグラフィを・・・

 

アレンジを効かせたジャズで1960年代に人気があった

ジジ・グライスとドナルド・バードの双頭コンボ「ジャズテット」が Argo Record に残したアルバムです。

 

JAZZTET AND JOHN LEWIS/Art Farmer & Benny Golson(Argo Record)

1960年録音

 

 

 

 

 

 

 

いやあ、いいですねえ・・・・

これからまた、どんなジャズアルバムに巡り合うのか・・・・

考えるとワクワクしてきます!!

 

これって、若干病気でしょうか・・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

♫   ♫   ♫

 

という訳で、今日はタイポグラフィのスリーブに入ったジャズをお届けします。

 

 

本日の冒頭で紹介したサックス奏者キャノンボール・アダレイ

彼のリーダーアルバム 『サムシン・エルス』です!

 

このアルバム、レコード会社との契約の都合で、

一応キャノンボールのリーダー盤ということになっていますが、

実質的には共演者であるマイルス・デイビスがリーダーです。

 

 

聴けばすぐに解りますが、全ての曲に漂う繊細かつクールなグループフィーリングは・・・・

当時のマイルス・デイビスが追求していた音楽そのものです。

 

 

シャンソンの名曲「枯葉」の斬新な演奏をぜひ聴いてください。

 

 

 

SOMETHIN’ ELSE/Cannonball Adderley (Blue Note)

Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), Hank Jones(p), Sam Jones(b), Art Blakey(ds)

1958年録音

 

 

1  Autumn Leaves

2  Love For Sale

3  Somthin’ Else

4  One For Daddy-O

5  Dancing In The Dark

6  Alison’s Uncle