161106*聞香 in ホテルオークラ « 八島ノート

八島ノート

161106*聞香 in ホテルオークラ

 

 

 

 

今年5月に参加した『名香会』の第2回イベントに参加しました。会場は今回もホテルオークラです。

→160522ブログ

 

IMG_2387

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2390

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東南アジアでしか産出しない"名香"を焚いて香りを楽しむ文化は、平安時代に遊びとして始まり、室町時代に"香道"として成立しました。

 

 

IMG_2360

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香炉で焚かれる名香です。

灰の中には炭団 (たどん) が入っています。

黒っぽい木片が香木で、香木が乗せられた透明な板は"銀葉"という雲母板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香道では、香りを嗅ぐことを"香を聞く"、すなはち"聞香 (もんこう)"と呼びます。

 

 

茶道、連歌、能などと共に、室町時代以降の高級文化人のたしなみのひとつでした。

香道には、三条西実隆を流祖とする御家流と、志野宗信を流祖とする志野流の二つの流派があり、今日の森光瞳先生は御家流です。

 

 

 

 

第一部は聞香で、3つの名香を聞かせていただきました。

 

IMG_2341

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の名香は・・・・

峯の月、陽光衛、白菊、の3点。

峯の月と白菊は香の最高峰・・・・伽羅 (きゃら) でした。

香が焚かれ出すと、ホテルの部屋じゅうに名香のかほりが満ち溢れます。

 

 

 

 

六国五味 (りっこくごみ) という香の分類があります。

六国は香の産地で、伽羅・羅国・真那伽・真南蛮・佐曾羅・寸聞多羅の6ヶ国です。

産地によって含有樹脂の量と質が変わるので、香りも違ってくる訳です。

五味は香の香りで、辛・甘・酸・鹹・苦の5つに分類されます。

 

難しい〜・・・

 

 

 

 

 

 

 

第二部は、お遊びの組香・・・・今回は"三光香"という組香でした。

 

3つの名香を3片ずつ計9片準備して、これをシャッフルしてランダムに焚き、

どれとどれが同じ香かを当てるお遊び・・・

 

IMG_2388

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2389

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御家流の森光瞳先生 (右) と名香を提供頂いた大倉基佑先生。

大倉先生、真剣です。

 

 

 

 

私も真剣に聞きましたが・・・・結果は敢え無く3勝6敗。

匂いって難しいですね・・・・(笑)

 

 

 

最後に、参加者全員で記念撮影・・・です。ハイッ!

 

IMG_2363

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫   ♫   ♫

 

 

 

11月になって、グッと寒くなってきましたよ。

ボチボチ炬燵もいいですね。

うち、炬燵派です。

 

 

 

街路樹も落ち葉の季節です。

で、「枯葉」・・・Autumn Leaves・・・

シャンソンの名曲「枯葉」はジャズのスタンダードナンバーとしても有名です。

 

 

今宵は「枯葉」の聴き比べをしてみましょう!

 

 

 

 

 

まずはビル・エヴァンス

1959年、彼がリヴァーサイドレコードに録音したトリオ演奏の名演です。

 

IMG_2392PORTRAIT IN JAZZ/Bill Evans (Riverside)

 

 

Bill Evans(p), Scott LaFaro(b), Paul Motian(ds)

1959年

 

 

 

 

1  Come Rain Or Come Shine

2  Autumn Leaves
3  Autumn Leaves (Mono)
4  Witchcraft
5  When I Fall In Love
6  Peri’s Scope
7  What Is This Thing Called Love
8  Spring Is Here
9  Someday My Prince Will Come
10  Blue In Green (take 3)
11  Blue In Green (take 2)

 

 

 

 

 

 

トランペッターのチェット・ベイカーが40代半ばに吹き込んだアルバム『She Was Too Good To Me』に入っている「枯葉」も有名です。

 

発売当時は、弦楽器を加えたドン・セベスキーのソフトタッチなアレンジがとても新鮮でした。

 

 

IMG_2393

SHE WAS TOO GOOD TO ME/Chet Baker (CTI)

 

Chet Baker(tp), Paul Desmond(as), Bob James(e-p), Ron Carter(b), Jack DeJohnette(ds), Steve Gadd(ds), Hubert Laws(fl), David Friedman(vib), & Others & Strings

1974年録音

 

 

 

1  Autumn Leaves
2  She Was Too Good To Me
3  Funk In Deep Freeze
4  Tangarine
5  With A Song In My Heart
6  What’ll I Do
7  It’s You Or No One

 

 

 

 

 

最後に・・・・「枯葉」と言えば、ジャズの世界ではマイルス・デイビスです。

特に、1960年代の最強クインテット時代のライブ演奏が有名です。

 

 

今回は、ヨーロッパツアーでの「枯葉」を紹介します。

 

 

IMG_2424

IN EUROPE/Miles Davis (CBS)

 

Miles Davis(tp), George Coleman(ts), Herbie Hancock(p), Ron Carter(b), Tony Williams(ds)

1963年録音

 

 

 

 

 

1  Introduction By Andre Francis
2  Autumn Leaves
3  Milestones
4  I Thought About You
5  Joshua
6  All Of You
7  Walkin’

 

 

 

 

« »