お出かけ福博編 « 八島ノート

八島ノート

 

 

 

令和元年!!

志賀海神社にご祈祷に行って来ました。

 

志賀海さんに詣るのは、お正月の恒例行事ですが・・・

今回は改元に当たってのお祝いのご祈祷でした。

 

 

 

 

2528FEDE-F658-47ED-AA18-2294531B363A

 

 

お昼過ぎに到着・・・結構、参拝客が多いです。

禰宜の平澤さんに訊くと、朝から大忙しだったとか。

 

 

F83ED23F-5883-4DB5-BD38-EDC1E87486B8

 

 

 

境内の松の新芽も改元を祝うかのように綺麗に出揃ってます。

 

 

 

 

 

事無き柴の御守りを頂いて帰りました。

 

D0D3D9E5-1791-4436-9988-6CC0C854D4D4

 

 

 

 

 

 

 

 

♫     ♫     ♫    TODAY’S  MUSIC    ♫    ♫    ♫

 

 

安心ジャズというジャンルがあります。

 

私が作ったジャンルなんですけど・・・笑

 

 

 

1980年代に突如登場した天才トランペッター〜ウィントン・マルサリスを最後に、

新人の黒人ジャズアーティストは4ビートジャズから離れていきました。

 

私のような、オーソドックスな4ビートジャズのファンはどうすれいいんでしょう。

 

 

そんな悩みを払拭してくれるのが・・・安心ジャズ!・・・・

 

 

でも、安心ジャズのプレイヤーは・・・もはや黒人ジャズアーティストではなく、

アメリカ人であれば白人プレイヤーであり、ヨーロッパのプレイヤーであり、日本人プレイヤー達なんです!!

 

 

21世紀も淡々と4ビートジャズの伝統を重んじる人達・・・

それは、ジャズの本家本元の黒人プレイヤーではなく

ジャズのスイング感に魅了された第3勢力の人達になっているんです、今の時代は!

 

 

 

ま、理屈はともかく・・・安心ジャズの素晴らしさを聴いてください。

 

 

 

では、早速ヨーロッパのミュージシャンを・・・

 

イタリアのテナーサックス奏者〜マッテオ・ラッギをご紹介!

Matteo Raggi

この20世紀っぽいジャケットデザイン

この20世紀っぽいファッション

そして、音楽は・・・まさに20世紀のハードバップ!

5曲目の「ロシアの子守唄」を you tube でお聴きください!!

 

曲のタイトルをクリックすると、you tube に移動します。

 

 

E6CE8A0C-0239-426B-A707-07D49E0CAB2F

 

THE BEST IS YET TO COME/Matteo Raggi (Music Center)

Matteo Reggi (ts)

Andrea Pozza (p)

Aldo Zunino (b)

Massimo Caracca (ds)     2017 録音

 

 

01. The Best Is Yet To Come

02. From m To M

03. Tonight I Shall Sleep With A Smile On My Face

04. Gone With The Wind

05. Russian Lullaby

06. Be Carefull, It’s My Heart

07. Swingin’ Away

08. The Blues

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十日恵比寿の大祭に行くとようやく新年が明けます。

 

 

今年は宵恵比寿の9日夜に行ってきました。

成人式の夜です。

 

 

 

いつも夜の9時頃から並ぶんですが・・・・今年も多いですね。

福引お参り裏恵比寿 の順で廻ると、お参りが終わるのは今年も12時を回りそうです。

 

IMG_3858

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参道の夜店を眺めるのもお祭りの楽しみで・・・・

毎年新しい趣向の商品が並んでますよね。

暦と熊手は定番ですが・・・・

 

IMG_4311

IMG_4312

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4310

IMG_4313

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは"めで鯛の手水"で両手と口元を清めます。

今年は暖かいので冷たい水が心地良い感じです。

 

IMG_4309

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年はお参りが遅くなって福引が 出来なかったので、今年は先に福引を済ませました。

今年は無事に笹と"福"千両箱をゲット出来ました!

 

IMG_3863

IMG_4338

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹は1年間会社に飾って、来春また新しい笹に交換します。

 

 

 

 

 

今年のお参りは並ぶこと1時間半・・・・いつもよりちょっと短めでした。

 

IMG_4323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4324

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏恵比寿のお参りも昔は誰も並んでいなかったんですが、最近は有名になってきて、4〜5年前からは夜中でも結構参拝客が並ぶようになりました。

その上、今はライトアップもされていて、恵比寿大黒さまのお顔も良く見れるようになりました。

 

IMG_4316

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4317

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブ画像です。

 

 

 

 

IMG_3874

今年も良い一年でありますように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫    ♫    ♫    TODAY’S MUSIC    ♫    ♫    ♫

 

 

 

昨日紹介したチャーリー・ラウズと共演しているドラマーのデイブ・ベイリーもマイナーなジャズレーベルにナイスなリーダーアルバムを残しています。

 

 

ONE FOOT IN THE GUTTER (Epic)

Clark Terry(tp), Curtis Fuller(tb), Junior Cook(ts), Horace Parlan(p), Peck Morrison(b), Dave Bailey(ds)

1960年録音

 

 

 

TWO FEET IN THE GUTTER (Epic)

Bill Hardman(tp), Frank Haynes(ts), Billy Gardner(p), Ben Tucker(b), Dave Bailey(ds)

1961年録音

 

 

 

REACHING OUT (Jazz Time)

Frank Haynes(ts), Grant Green(g), Billy Gardner (p), Ben Tucker(b), Dave Bailey(ds)

1961年録音

 

 

 

GETTIN’ INTO SOMETHIN’ (Epic)

 

Clark Terry(tp), Curtis Fuller(tb), Charlie Rouse(ts), Horace Parlan(p), Peck Morrison(b), Dave Bailey(ds)

1960年録音

 

 

 

 

 

ジャケットもメンバーもゾクゾクするようなハードバップ盤です!

クゥ〜、たまらん!  の世界ですね・・・

 

 

デイブ・ベイリーのリーダー盤がもう1枚!

これも超マイナーなレア盤・・・『BASH!』です。

タイポグラフィのジャケットがジャジーでしょ・・・

本日のオススメ曲は冒頭曲で Grand Street です!

 

BASH!/Dave Bailey (Jazz Line)

Kenny Dorham(tp), Curtis Fuller(tb), Frank Haynes(ts), Tommy Flanagan(p), Peck Morrison(b), Dave Bailey(ds)

1961年録音

 

 

1  Grand Street
2  Like Someone In Love
3  An Oscar For Oscar
4  Osmosis
5  Just Friends
6  Soul Support

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月2日は毎年、志賀海神社に初詣と決めています。

 

・・・祭神はワタツミ三神・・・イザナギが黄泉から戻って禊ぎをした海から誕生した三神です。

 

 

IMG_3764

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家人と二人でこの神社に社業繁栄の祈願をするようになってから、もう20年近くなります。

今では、神官から『志賀設計さんが来ると安心します』と言っていただくようになりました。

 

 

 

 

 

ご祈祷のあとは、神功皇后が三韓征伐への旅出を祈った遥拝所に拝礼です。

 

IMG_3742

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここには、<亀石>・・・皇后の旅路を導く神々を乗せたと言われる<金銀一対の亀>・・・

が祀られています。

いわゆるひとつの、パワースポットです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また・・・志賀海神社には、志賀海の<シカ>に絡めて全国から鹿のツノが多数届けられています。

これ、そのモニュメント?

 

IMG_3766

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はご神酒で締めましょう!

ここのご神酒は、いつも島根県の「八千矛」です。

 

ヤチホコというのはオオクニヌシノミコトの別名です。

実はこのお酒、出雲大社のご神酒なんです!

ご神酒もパワースポットです!

しかもこの八千矛、とても美味しいらしいです・・・私はドライバーですので禁酒ですが(笑)

 

 

IMG_3765

 

 

 

 

 

最後にこの日のおみくじ・・・・<末吉>でした。

ちょっとガックリきたんですが、コメント読むとなかなかで・・・

 

『これまでの苦労ようやく解けて、次第に盛運に赴く時である』

 

苦労してます・・・・いろいろ・・・(笑)

ゴルフ?  仕事?

でも、いいですね〜    昇り調子に赴くんですね!

 

 

IMG_3762

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♬    ♬    ♬    TODAY’S MUSIC    ♬    ♬    ♬

 

 

 

新年ジャズは、毎年、ロリンズです・・・・ソニー・ロリンズ

王道ですね。

 

 

ソニー・ロリンズのアルバムから私が好きなベスト5を挙げるとすれば、

1  Sonny Rollins Vol.2 (Blue Note)  1957

2  Saxophon Colussus (Prestige)  1956

3  Way Out West (Contemporary)  1957

4  A Night At The Village Vanguard (Blue Note)  1957

5  In Japan (RCA)  1973

・・・・です。

 

やっぱり印象的な曲が入っているアルバムは何度でも聴きたくなります。

 

 

今年は、東海岸が主戦場のロリンズが、西海岸の名手と共演したアルバム 〜 WAY OUT WEST を聴きましょう。

 

カウボーイスタイルで決めた?ロリンズの<超ダサジャケット>ですが、演奏は最高です。

ロリンズが得意としたベース&ドラムとの三重奏団での演奏ですよ!

 

 

WAY OUT WEST/Sonny Rollins (Contemporary)

Sonny Rollins(ts), Ray Brown(b), Shelly Manne(ds)

1957年録音

 

1  I’m An Old Cowhand

2  Solitude
3  Come, Gone
4  Wagon Wheels
5  There Is No Greater Love
6  Way Out West

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もあっという間に大晦日です!

 

 

年の最後は、お櫛田さんで年越の大祓いです。

 

 

IMG_3693

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大祓いの受付けは境内の外の社務所です。

巫女さんも忙しそうですね。

 

 

IMG_3694

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不老長寿の湧き水は今日も健在ですが・・・塩味で苦いんですよね、ここのお水。

今日は柄杓がありませんね。どうしたんでしょうか?

 

IMG_3695

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左手奥の鳥居を潜って外に出ると、川端商店街です。

初売りの準備もすっかり整ってました。

 

IMG_3709

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと小腹が空いたので商店街を一巡り・・・

焼きカレーの『伽哩本舗』で遅めの昼食を。

 

焼きカレーはやっぱり門司港なんで、ここはキーマカレーとカシミール風カレーをオーダーです。

 

IMG_3689

キーマカレー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3692

カシミール風カレー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらのカレーも大変美味でした。

次回は焼きカレーにもチャレンジしてみましょう!

 

 

 

カレーのあとは甘党だよね・・・・などと言っていたら、

中洲ぜんざい』が、まさかの大晦日営業!

ま、考えてみると、掻き入れどきですよね(笑)

 

IMG_3698

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い時期のあったかいぜんざい・・・いいですよね〜

 

IMG_3711

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も今日で終わりです。

皆さん、良いお年を。

 

IMG_3712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫    ♫    ♫    TODAY’S MUSIC    ♫    ♫    ♫

 

大晦日に聴く1曲・・・毎年の大晦日必聴の私的定番があります。

 

 

スタン・ゲッツDear Old Stockholm・・・懐かしのストックホルム  です。

この曲は、テナーサックスの名手 〜 スタン・ゲッツが、若き日に北欧をツアーした時に見つけた現地の民謡です。

 

 

クールスタイルのゲッツのテナーが紡ぎ出すなんとも言えない哀愁のメロディを聴いてください。

訥々としたアドリブなのに、一音一音が深く心に響くゲッツ畢竟の名演です。

 

 

THE SOUND/Stan Getz (Roost)

▶︎Stan Getz(ts), Bengt Hallberg(p), Gunnar Johnson(b), Jack Noren(ds), Kenneth Fagerlund(ds)

▶︎Stan Getz(ts), Horace Silver(p), Joe Calloway(b), Walter Bolden(ds)

▶︎Stan Getz(ts), Al Haig(p), Tommy Potter(b), Roy Haynes(ds)

1950/51年録音
1  Strike Up The Band
2  Tootsie Roll
3  Sweetie Pie
4  Yesterdays
5  Hershey Bar
6  Gone With The Wind

7  Standanavian

8  Prelude To A Kiss
9  I Only Have Eyes For You
10  Dear Old Stockholm

11  Night And Day
12  I’m Getting Sentimental Over You

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家人の親戚の同世代の寄合いで、久しぶりの糸島です。

 

 

 

 

昼ごはんを最近話題のフレンチレストラン『太陽の皿』で頂きました。

ここは糸島産の食材にこだわった料理をリーズナブルな値段で出してくれます。

 

 

IMG_2542

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はプリフィクスのコースを頂きました。

程よい値段で、アミューズからオードブル、スープに魚料理と肉料理まで丁寧な仕事のプレートを出してくれます。

ポークがとても美味でした。

 

 

オススメです!

 

IMG_2545

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初 (地名です) の交差点のそばで友人が訪問専門のクリニックをやっています。

その奥にグローウェルガーデンという鄙には稀なオシャレカフェがあります。

 

 

ゴルフの行き帰りに気になっていたので、本日行ってみました。

 

 

IMG_2533

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前のレストランはグローウェルカフェといって、おさつポークというブランド豚と糸島野菜を食べさせるビュッフェレストランでした。

ボリューム満点で、なかなか美味しそうでしたよ。

 

向こうに見える田園風景がまたのどかで・・・・

 

IMG_2574

IMG_2575

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに奥に行くと、パン屋さん、雑貨屋さん、マッサージ屋さんなどがあってどこも癒し系の良さ気なショップばかりです。

 

パン工房『ノーミ』さんは福岡でも有名で、パンらしいサクッ、モチッとした食感がGOODです。

女性陣、雑貨『TEEZ』さんで何やらお買い上げです(笑)

 

 

IMG_2576 IMG_2577

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて行ったのが酒造メーカーの『杉能舎』さん。

土曜日とあって、家族連れのお客さんでいっぱいです。

食事もショッピングもできる楽しいモールです。

 

IMG_2583

IMG_2584

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は二見ヶ浦に立ち寄って糸島を後にしました。

 

IMG_2587

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫    ♫    ♫ 

 

 

ヴィブラフォンという楽器があります。

 

演奏するミュージシャンは少ないのですが、20世紀のミッドエイジから名手と呼ばれる奏者が何人か現れました。

ライオネル・ハンプトン、ミルト・ジャクソン、テディ・チャールズ、ゲイリー・バートンなどなど・・・・

 

 

そんな中、将来を期待されながら若くして逝ったヴィブラフォン奏者がレム・ウィンチェスターです。

 

彼が残した数枚のアルバムは、聴けばさらに次が聴きたくなる作品ばかりです。

Will You Still Be Mine・・・・彼のジャズ魂とアドリブの歌心をぜひ聴いてください。

 

 

IMG_2588

WINCHESTER SPECIAL/Lem Winchester (New Jazz)

 

 

Benny Golson(ts), Lem Winchester(vib), Tommy Flanagan(p), Wendell Marshall(b), Art Taylor(ds)

1959年録音

 

 

 

1  Down Fuzz
2  If I Were a Bell
3  Will You Still Be Mine
4  Mysticism
5  How Are Things In Glocca Morra
6  The Dude

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の彼岸は筥崎宮で恒例の社日祭

 

正確な日程は、彼岸に一番近い戊 (つちのえ) の日・・・・

今年は22日ということです。

 

 

 

 

筥崎宮の社日には、

4つ目の鳥居がある箱崎浜でお潮井取りが行われます。

 

 

 

お潮井取りと言うのは・・・・

 

箱崎浜で汲んだ神聖な真砂 (まさご) を頂く行事で、

頂いた砂は家に持ち帰っていろんな場面で浄め砂として使います。

 

 

 

 

 

 

 

鳥居の向こうに浄めたお潮井 (真砂) が積まれていて・・・・

神官のお祓いを受けながら真砂を頂きます。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

お汐井浜から左手に回ると、駐車場の向こうに平屋の長〜い建物が見えます。

 

これ、福岡県の神社庁です。

神社庁は、福岡県下の神社の元締め (?) で、

現在は太宰府天満宮の西高辻宮司が庁長さんです。

 

今年の夏、弊社の設計で竣工したばかりの建物です!!

 

 

 

 

 

むくりのついたアルミ葺きの屋根は、京都まで視察に行って研究してきたデザインです。

海風に晒されても絶対に錆びない設計です。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと話が脱線しました・・・・

 

 

お潮井を頂いたら、国道3号線を渡って浜宮に行き祭壇に真砂を備えます。

ここまでが正式なお潮井取りのしきたりです。

 

 

image

筥崎宮の境内見取り図。web画像です(^人^)

 

 

 

 

 

国道3号線の向こうに見えるのが、一番大きな二之鳥居です。

鳥居を潜った左手にあるのが、浜宮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくですから本殿にお詣りをしましょう。

 

 

一之鳥居をくぐったら本殿の境内です。

本殿の上部には亀山上皇から下された『敵国降伏』の扁額が掛かってますね。

元寇撃退の願いが込められているのだそうです。

 

 

 

 

 

 

本殿の左手に『敵国降伏』を書かれた亀山上皇の大きな立像がありす・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに、フードレポートを・・・・

 

 

 

一之鳥居の手前から右に歩くとベーカリー『ナガタパン』 があります。

 

 

古民家を改造した店舗はなかなか風情があって、ついつい足を運んでしまいます。

美味しいですよね、ナガタパン!

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社日のことをちょっと書こうと思っていたら、結構長くなってしまいました。

お役に立ちましたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫    ♫    ♫    TODAY’S  MUSIC    ♫    ♫    ♫

 

 

朝夕がかなり涼しくなって来ました。

あっという間に冬がやって来そうです・・・・・少し気が早いですが(笑)

 

 

 

1970年代・・・フォークソングの全盛期です。

 

人気グループの 赤い鳥 が解散し・・・・

ハイファイセット>と<紙ふうせん>という2つのグループが誕生しました。

 

 

その 紙ふうせん のヒット曲に「冬が来る前に」という曲があります。

ちょっと切ない歌詞とメロディ・・・

時折聴くとグッと懐かしさが押し寄せます・・・・

 

 

 

冬が来る前に/紙ふうせん (CBSソニー)

1977年発売

 

冬が来る前に c/w オー・プリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は台風が日本中で猛威を振るいましたが、福岡はほとんど影響のない年でした。

 

 

 

 

9月12日から7日間、筥崎宮では放生会が開かれます。

今年は中日の15日に行ってきましたよ。

 

 

image

 

 

 

 

夜の9時過ぎですが、参道は凄い人出です。

日本人って本当にお祭り好きなんですねえ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

一の鳥居をくぐると本殿の境内です。

 

鳥居の脇には、博多出身の偉大な政治家〜緒方竹虎ののぼりが・・・・『天下泰平』・・・

こんな旗が立っていること、今日、知りました!!

 

 

本殿の上部には、元寇を迎え討つ 亀山上皇 の『敵国降伏』の四文字が浮かび上がります。

 

 

 

良いですねえ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放生会名物のおはじき・・・今年のテーマは「日本の和食」でした。

面白い題材ですね。

クリックして頂くと、かなり大きく見れますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿柱廊の柱には、恒例の著名人色紙行灯がぐるりと掲げられています。

 

友人の博多人形師〜中村信喬君・・・

今年はお坊さんの姿をした八幡さまを描いていました。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

放生会が終わると、いよいよ秋がやってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫ ♫ ♫ TODAY’S MUSIC ♫ ♫ ♫

 

 

 

秋に因んだ曲といえば・・・

 

 

1934年のミュージカルソング「ニューヨークの秋」Autumn In New York が有名です!!

 

ヴァーノン・デュークというロシア出身の人気コンポーザーの作詞作曲です。

 

 

Autumn in new york   Why does it seem so inviting

Autumn in new york   It spells the thrill of first-nighting

Glittering crowds and shimmering clouds

In canyons of steel   They’re making me feel – I’m home・・・・

 

 

ニューヨークの秋   なぜこんなにも魅力的なのだろう
初日の舞台を迎えるような 心の高鳴りをおぼえる   ニューヨークの秋

並び建つ摩天楼の谷間に漂う   華やかな人々の群れと 揺らめき光る雲
それらは私を迎えいれ 心からの安らぎを与えてくれる・・・・

 

 

 

 

切ない秋のニューヨークを歌った曲ですね・・・

 

 

 

マイルス・デイビスのコンボで活躍したテナーサックス奏者ジョージ・コールマンが・・・・

アムステルダムで録音したアルバムに、この曲の名演が収録されています。

 

 

フランク・シナトラやビリー・ホリデイのヴォーカルも有名です・・・

 

 

AMSTERDAM AFTER DARK/George Coleman (Timeless)

George Coleman(ts), Hilton Ruiz(p), Sam Jones(b), Billy Higgins(ds)

1972録音

 

 

1  Amsrerdam After Dark

2  New Arrival

3  Lo-Joe

4  Autumn in New York

5  Apache Dance

6  Blondie’s Waltz

 

 

 

 

 

 

 

 

今年、

大陸からの爆買い集団の余波で、田主丸からぶどうが激減!

・・・らしいです・・・(笑)

 

河童の故郷・・・JR九大線の田主丸駅舎

 

 

 

 

 

 

日曜日、

志賀設計のスタッフを連れて、田主丸にぶどう狩りです。

 

 

昼食会場に予定より早く着いたので、家人とお隣の若竹屋酒造を見学。

新酒の試飲も出来ますが、なにせ車なので本日はNGです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうするうちにスタッフも到着。

運転手以外は試飲も済ませて、とりあえず記念写真です。

 

 

 

 

ほろ酔い気分でお隣の『わくら野』さんに移動して昼食・・・・

わくら野さんは若竹屋酒造が経営する古民家レストランです。

 

 

 

 

 

 

 

自然な素材がふんだんに使われたお料理はなかなかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランスで、お店の方にお願いして記念撮影! ハイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いよいよぶどう狩りです。

今回は、お目当の巨峰が十分にある池尻農園さん・・・です。

 

 

池尻さん (・・・たぶん) から、ぶどう狩りの要領を聞いて・・・

試食の巨峰も戴いて・・・甘い!・・・

 

 

 

 

 

 

 

さっそく、ぶどう園に乗り込みます!

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

ぶどう園の中って結構暑いんですね。

この日の気温は、まだ30度以上・・・園内は4〜5度は高いそうです・・・ひぇ〜

 

 

興に任せて採ってたら・・・・

会社の皆さんへのお土産も入れて全員で15kgぐらいになってしまいました!!

今日から頑張って巨峰食べます !!

 

 

 

 

ぶどう園の後で立ち寄ったイチジク狩りは、ツアーバス3台が全部取り尽くしてました・・・残念!

 

 

 

エコファームよこみぞ園

0943-73-0808

 

 

 

 

 

最後は、田主丸で大人気のベーカリー『シェ・サガラ』でパンを買って、帰途に着きました。

 

Chez SAGARA

久留米市田主丸町益生田873-12

0943-73-3680

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫ ♫ ♫ TODAY’S MUSIC ♫ ♫ ♫

 

 

 

福岡をベースに国内やアジアで活躍中のギタリスト〜 逆瀬川剛史 くんをご存知ですか?

ギターを縦横無尽に操り、美しく、時には激しくメロディを紡ぎ出す将来有望なギタリストです。

 

 

 

 

 

 

逆瀬川くんはすでに何枚かCDをリリースしていますが・・・・

その中から、森の神秘を奏でた1枚を紹介しましょう・・・・

心癒される音楽です。

 

 

SHORT STORIES 生命の森/逆瀬川剛史

Charlie Record

2010年録音

 

 

1  序にかへて(Preface)
2  リトルケイト(Little Kate)
3  旅立ちの朝(Parting Morning)
4  空の唄(Sky Song)
5  木こりと魔女(A Lumberman’s Love)
6  緑の妖精(Green Fairies)
7  描写(Description)
8  月夜(Shrine)
9  Ritariko(Unselfish or Selfish)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月最後の日曜日・・・・

 

九州国立博物館で開催中の東山魁夷の襖絵を観に行ってきました。

画伯が奈良唐招提寺の御影堂に12年の歳月をかけて納めた大作です。

 

 

 

台風の影響で大雨の予報が出ていたせいか、人出はいつもより少なめ・・・

車もすぐに停めれて、ぷちラッキー感・・・です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の展示の凄いところは・・・・

唐招提寺の開祖である鑑真和上の像が安置されている御影堂 (みえいどう) の間取りを

そのままに再現して襖絵を展示しているところです!

 

 

 

唐招提寺御影堂

 

 

 

鑑真和上坐像と厨子

厨子扉絵「桂光」は東山魁夷作

 

 

 

 

 

宸殿の間の「涛声」、上段の間の「山雲」。

鑑真和上の厨子がある松の間の「揚州薫風」、桜の間の「暁雲」、梅の間の「桂林月宵」。

5点全てが、御影堂を再現したスペースに展示されています。

 

 

 

 

 

宸殿の間「涛声」

image

 

image

 

 

松の間「揚州薫風」

image

 

 

 

その他の作品も見応え充分・・・・

 

 

 

 

 

 

今まで見た東山画伯の展覧会で、一番良かったです・・・・感謝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫   ♫   ♫

 

1956年、当時の人気コンボだったモダン・ジャズ・カルテット (MJQ) ・・・

渡欧中のパリで、フランスのジャズメンと共演した素敵なアルバムがあります。

 

 

 

AFTERNOON IN PARIS ・・・

MJQのピアニストジョン・ルイス  と、フランスのギタリストサッシャ・ディスティル

見事なコラボレーションを演じています。

 

 

そこにパリの粋なテナー吹き、バルネ・ウィレンがググッと絡みます・・・

お薦めは、スウェーデン民謡の Dear Old Stockholm  ・・・

哀愁のメロディが、また、ググッと・・・

 

 

 

AFTERNOON IN PARIS/John Lewis & Sacha Distel (Atlantic)

Barney Wilen(ts), John Lewis(p), Sacha Distel(g), Pierre Michelot(b), Percy Heath(b), Kenny Clarke(ds), Connie Kay(ds)

1956年録音

 

 

1  I Cover the Waterfront
2  Dear Old Stockholm
3  Afternoon in Paris
4  All the Things You Are
5  Bags’ Groove
6  Willow Weep for Me

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は立秋・・・・・でも、まだまだ暑い〜・・・

 

 

太宰府は37.3度だったそうです。

自宅から見える雲もがっつり夏雲ですね!

 

 

リオ・オリンピックも始まってますます熱い日々。当分寝不足が続きそうです・・・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

午後から久しぶりに天神でショッピング。

 

 

オープンして10年が経ったヴィオロビル・・・・

久々に入ってみるとちょっと様変わり。

 

適当にメンズや雑貨ショップがあって、けっこう面白い。

4年前にオーナーが変わって、レディスオンリーからリニューアルしたらしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

5階に北欧のウォッチを扱う「NORDIC FEELING」 ・・・

なかなかいい感じです!!

 

BERING、BRAUN、Arne Jacobsen、JACOB JENSEN などなど・・・

 

 

image

 

1E2092BD-370A-41A3-B6A2-24F768E2E30E

 

 

ヤコブセンの壁時計、イイですよね・・・・当社も社内のインテリアに使ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィオロビルはレストランもなかなかイイ感じです・・・

で、7階の「hus」(ヒュース) にイン!

 

雰囲気もお料理もGOODなカフェでした・・・・(喜)

 

 

 

 

 

 

 

本日のオーダーは・・・

カプレーゼ、蛸のラグーのパスタ、鷄とポテトのオーブン焼、カラメルのガレット・・・です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴチでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫ ♫ ♫  TODAY’S MUSIC ♫ ♫ ♫

 

 

1950年代に人気が高かったジャズピアニストのひとり・・・・トミー・フラナガン

リーダーではなく、伴奏にまわった時の音楽センスは素晴らしいものがありました。

 

 

 

そんなフラナガンが海をわたってヨーロッパで録音した超人気のリーダーアルバムがあります。

 

 

タイトルは・・・・OVERSEAS

 

文字通り、海外録音ですね・・・(笑)

でもこのアルバム、本当に凄いのはドラマーのエルビン・ジョーンズです。

 

エルビン・ジョーンズ・・・

60年代コルトレーン黄金カルテットの超絶ドラマーです。

 

 

トミー・フラナガンってやっぱり根っからのサイドマンなんですね・・・・・超一流の!

 

 

 

OVERSEAS/Tommy Flanagan (Metronome)

Tommy Flanagan(p), Wilbur Little(b), Elvin Jones(ds)

1957年録音@Stockholm

 

⬆︎  画像をクリックすると Relaxin’ At Camarillo が聴けます。

 

 

1  Relaxin’ At Camarillo

2  Chelsea Bridge

3  Eclypso

4  Beat’s Up

5  Skål Brothers

6  Little Rock

7  Verdandi

8  Delarna

9  Willow Weep for Me

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も今日でちょうど半年・・・・・早いですね〜

 

 

 

半年の厄を落とす夏越し (なごし) の大祓いで、櫛田神社へ行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏越しは、大晦日の年越しと並ぶ厄払いの行事です。

 

 

人型の紙を身体の各所に当てて厄を移し、最後にふっ、ふっ、ふうっ、と3度息を吹きかけます。

陰陽師の安倍晴明みたいでしょ・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内には桟敷と清道旗も整って、いよいよ明日から山笠が動き出します。

夏!・・・ですねぇ・・・

.

.

.

 

 

 

 

 

続いて、本殿脇に建てられた飾り山に御魂 (みたま) が入ります。

今年の飾り山・・・お題は「五条大橋の牛若丸と弁慶」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も蒸し暑いです・・・梅雨ですからねぇ・・・

 

で、中洲ぜんざいにてひとときの涼・・・

ここ、日曜は開いてないし、夕方は6時で閉まるんで、なかなか来れないんですよ!

で、かき氷・・・・氷がふわふわ、美味しいんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期だけの祇園饅頭もゲット。今年は「鈴懸」謹製にしました。

「石村萬盛堂」と「松屋」の祇園饅頭も有名です。

 

 

私的には、石村萬盛堂さんが好みですね・・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫   ♫   ♫

 

今日の音楽は・・・・

夏に因んでインディアン・サマーという曲をヴォーカルで・・・

 

 

インディアン・サマーは、日本でいう『小春日和』のこと・・・・

秋から冬にかけて、昼間は暑く夜がちょっと冷える・・・そんな時期です。

 

 

 

 

20世紀ジャズヴォーカルの女王〜エラ・フィッツジェラルドが、

カウント・ベイシー楽団をバックに歌ったライブ録音がオススメです。

 

 

JAZZ AT THE SANTA MONICA CIVIC ’72/Ella Fitzgerald (Pablo)

Ella Fitzgerald(vo), Count Basie Orchestra, Tommy Flanagan(p), Frank DeLaRosa(b), Ed Thigpen(ds) 他

1972年録音

 

 

1  Introductions by Norman Granz

2  Basie Power

3  The Spirit Is Willing

4  The Meetin’ Time

5  Blues in Hoss’s Flat

6  Good Time Blues

7  In a Mellow Tone

8  Loose Walk

9  Makin’ Whoopee

10  If I Had You

11  She’s Funny That Way

12  Blue and Sentimental

13  I Surrender Dear

14  5400 North

15  You Are My Sunshine

16  L.O.V.E.

17  Begin the Beguine

18  Indian Summer

19  You’ve Got a Friend

20  What’s Going On

21  Night and Day

22  Spring Can Really Hang You Up the Most

23  Little White Lies

24  Madalena

25  Shiny Stockings

26  Cole Porter Medley – Too Darn Hot”/”It’s All Right With Me

27  Sanford and Son Theme

28  I Can’t Stop Loving You

29  C Jam Blues

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡でライオンズクラブの世界大会が開催されています。

 

参加者3万8千人、海外からは1万3千人が来福だとか・・・

福岡市ってそんなキャパあったっけ?

 

 

 

 

明日、日曜日がヤフオクドームでの開会式ということで・・・

なんと!ブルーインパルスのフライトショーがあるんだとか・・・凄い!

 

 

で、今日・・・その事前訓練飛行があるそうなんです!

航空自衛隊芦屋基地からT-4が6機!

 

ヤフオクドーム上空を訓練飛行するとの情報が・・・

 

 

 

 

 

ブルーインパルスT-4の画像です。

綺麗ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

12:00、ヤフオクドームに行ってみると・・・

いましたよ、この情報を聞きつけて見にきた人たち・・・・

 

でも、ちょっと少なめです。

あいにくの曇り空でプチ残念(涙)

 

 

 

 

 

 

待つこと30分!

 

やって来ました!!

北の空から、ブルーインパルス!!

 

でも、ちっちゃ・・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

一旦、ドーム上空を飛び去ります。

 

 

image

 

 

動画です。

trim.0D042C2B-0CD9-4840-9786-1549B9039280

 

 

 

そして、南の空でサークルを描いて、基地へと帰っていきました。

約10分間の訓練飛行・・・でした!!

 

 

右端の黒い影はヤフオクドームです。

 

 

image

 

 

 

 

明日が本番!

天気も良いみたいだし、きっと凄いだろうなあ・・・・・

 

 

でも、ゴルフなんです、残念(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにヤフオクドームの周囲を歩きました。

ここ、けっこう色んなものがあるんですね・・・・

 

 

ソフトバンクホークスの守護神・・・・鷹観世音大菩薩だそうです。

 

 

image

 

 

 

握手の広場というのもあります。

ブロンズでできた有名人の手形と握手できます。

 

ナベサダさんやマイケル・ジャクソンと握手してみましたよ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

♫   ♫   ♫

 

『80日間世界一周』 という19世紀末のフランス小説をもとにしたハリウッド映画があります。

 

 

イギリス人資産家フィリアス・フォッグが、80日で世界一周できるかどうかに自分の全財産を賭けて、執事のパスパルトゥを連れて地球を旅する冒険映画です。

1956年公開で、世界中で大ヒットしました。

 

 

ビクター・ヤングが作曲した映画音楽はいろんなミュージシャンがカバーしました。

ヴォーカルのジョニ・ジェームズの歌唱でお聴きください。

 

 

 

 

100 STRINGS & JONI IN HOLLYWOOD/Joni James (MGM)

1961年録音

 

1  Tammy
2  True Love
3  I’ll Never Stop Loving You
4  It’s Easy To Remember (And So Hard To Forget)
5  Over The Rainbow
6  Around The World
7  I Can’t Begin To Tell You
8  Secret Love
9  Three Coins In The Fountain
10  The Boy Next Door
11  Dancing On The Ceiling
12  An Affair To Remember

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日から2日間、博多どんたくです。

朝からあいにくの強雨。初日の市民パレードは中止だそうです。

 

 

 

川端商店街に来ています。

花バスは走ってました。

 

 

image

 

 

午後から雨も上がって、商店街もボチボチ賑わってきたみたいです。

うわっ、博多にわかのキャップ。どんたく期間ならではの商品でしょうね・・・(笑)

 

 

image

 

 

川端商店街の通りもんは予定通りに進行しているみたいです。

川端と通りもん、似合いますね!

 

image

 

 

帰りに博多の和菓子屋さん『鈴懸本店』で甘いものを買う。ちょこっと贅沢な気分ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫ ♫ ♫ TODAY’S MUSIC ♫ ♫ 

 

お祭りの曲といえば、チック・コリアの La Fiesta です。

 

 

 

1970年代のスーパーグループ<リターン・トゥ・フォーエヴァー>。

ブルーのカモメのジャケット、覚えてますか? 新しい時代の風っていう感じでしたよね!

 

 

 

RETURN TO FOREVER/Chick Corea (ECM)

1972年録音

 

 

 

 

今日は・・・・

チックがグループ結成初期に、親分のスタン・ゲッツの元に戻って録音した La Fiesta を紹介します。

ゲッツの強力なテナーサックスが火を吹いてますよ・・・(笑)

 

 

CAPTAIN MARVEL/Stan Getz (Columbia)

Stan Getz(ts), Chick Corea(p), Stanley Clarke(b), Airto Moreira(percussion), Anthony Williams(ds)

1972年録音

 

 

1  La Fiesta

2  Five Hundred Miles High

3  Captain Marvel

4  Times Lie

5  Lush Lfe

6  Day Waves

 

 

 

 

 

 

 

博多駅に21日オープンした日本郵便のテナントビルKITTE博多に行ってきました。

地下1階から11階が店舗。博多マルイは1階から7階に入ってます。

 

 

 

 

イージー&カジュアルな施設づくりで、大人もそこそこ楽しめるコンセプトみたいです。

フードのフロアが5フロアもあるのはGOODですね(笑)

 

 

 

本日の戦利品です。

 

1階のオーガニック系『Far East Bazaar』は、ドライフルーツを使ったスイーツショップ。

さっそく、ジェラートいただきました。上がイチジク、下が抹茶。

かなり濃厚。美味。お薦めです。

 

 

 

 

 

2階の花屋『ichirinn』さん。

鉢植えの花がすごくかわいいので、つい買ってしまいました。

カランコエとイングリッシュラベンダーです。

イングリッシュラベンダーは花が大きくて端正です。

カランコエはクイーンローズ・パリという種類です。花が豪華ですね。

 

 

 

 

2階の雑貨ショップ『La Palette』で売っていた木製の羊。

私がの干支が<未>なので、時々<羊>のグッズ買ってます・・・(笑)

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫ ♫ ♫ TODAY’S MUSIC ♫ ♫ 

 

今日の音楽です。

数あるピアノトリオのアルバムの中で、大好きなベスト5に入るのが、これ・・・・

 

 

 

レイ・ブライアントはどちらかというとチャラ系 (?) のリーダーアルバムが多いんですが・・・・・

このトリオアルバムだけは格別!

 

選曲も演奏も哀愁と歌心に溢れています。

1曲目の Golden Earrings ・・・

飽きると嫌なので、あんまり聴き過ぎないようにしています(笑)

 

 

RAY BRYANT TRIO/Ray Bryant (Prestige)

Ray Bryant(p), Ike Isaacs(b), Specs Wright(ds)

1957年録音

 

 

1  Golden Earrings

2  Angel Eyes

3  Blues Changes

4  Splittin’

5  Django

6  The Thrill Is Gone

7  Daahoud

8  Sonar