スポーツ+ゴルフ « 八島ノート

八島ノート

 

 

 

 

9.98‼️

 

ついに出たね!

9秒台!

桐生祥秀!

 

でも、横で走った多田修平も速かった〜

 

IMG_8479

 

IMG_8480

 ⬆︎  クリックすると動画が見れます。日本インカレ陸上2017 男子100m決勝。

 

 

 

 

11:20AM  函館空港到着です。

札幌 〜 函館はプロペラ機でした。

 

 

IMG_2747

 

IMG_2748

 

 

 

 

2005-06年度日事連総務財務委員会の家族旅行に合流です。

同窓会です。

もう10年続いてます。

 

 

14:00  江差到着で皆さんホッコリ・・・

 

 

IMG_2798

 

 

最初の訪問地はニシン漁で江戸時代に巨万の富を築いた旧中村家住宅

いわゆるニシン御殿、もしくはニシン自社ビルですね。

 

 

 

当時の中村家はニシン漁を基盤にした総合商社だったんですね。

豪邸です。

 

FullSizeRender 2

 

 

当時のニシン漁の写真がありました。

大正時代までは、地面が見えないような大漁が続いたらしいです。

 

そして大正12年、空前絶後の凶漁となり、以降ニシンはこの海へは二度と戻らなかったそうです。

 

IMG_2845

 

 

 

 

そこから歩いて5分・・・・

14:30  有名な民謡〜江差追分の会館です。

 

IMG_8494

 

 

この一帯はいにしえ街道と名付けられて観光エリアになっています。

江差ではもう55年も江差追分の全国大会が続いているとのことでした。

で、来週からその全国大会なんだそうです。

 

 

江差追分・・・・全曲通しで聴くのは初めてです。

相当に難しい民謡です。

 

IMG_2822

 

※ 追分節はもともと信濃の追分 (道が二又になった別れ道) 辺りで歌われていた馬子唄が全国に広まったものだそうで、朗々と声を響かせて唄う民謡である・・・となっています。

 

 

これが江差追分の楽譜です。

会館の壁に掲げてありました。

 

IMG_8495

 

 

 

 

この日の宿泊地は、函館の中心街から東へ5kmほどの所にある湯の川温泉です。

17世紀から続く道南最大の温泉街です。

 

 

17:00  割烹旅館「わか松」さんが今宵の宿。

木造の玄関に風情を感じます。

 

IMG_8500

 

 

これが泉質です。

 

IMG_8501

 

 

玄関先に湧いている泉源です。

ちょっとキモいかも・・・・

 

IMG_2838

 

 

 

夕食会場は海が見える素敵な部屋でした。

津軽海峡ですよ‼️

 

IMG_8515

 

 

海峡の向こうに見えてるのが下北半島です。

 

IMG_2842

 

 

 

割烹旅館だけあって、お料理は大変結構でした(╹◡╹)

 

 

スタートは雲丹豆腐です。

IMG_2875

 

前菜の盛り合わせ・・・シマエビが函館の名物だとか。

IMG_2876

 

椀ものはトウモロコシの真丈・・・花びらが綺麗です。

IMG_2877

 

道南で獲れる魚介類の刺身盛合せ・・・北寄貝、マグロ、などなど、鮮度バツグン‼️

IMG_2878

 

毛ガニです。

IMG_2879

 

カスベの揚げ煮・・・カスベはエイを干したものだそうです。初食です。

IMG_2880

 

"時しらず"のみぞれ焼き・・・時しらず は時期ハズレの夏に獲れる鮭のことです。

雲丹のグラタンも贅沢です・・・

IMG_2881

 

シメは北寄貝の炊き込みご飯でした。

IMG_2882

 

 

 

いやはや、北海道は最高です‼️

今日は長編駄文にお付き合いいただきました・・・・感謝

 

 

 

 

 

 

 

♫    ♫    ♫     TODAY’S MUSIC     ♫    ♫    ♫

 

 

江差追分・・・

 

 

有名な民謡ですが、実はきちんと聴いたことがないんです。

で、今日の1曲は・・・正調 江差追分 ということで・・・・

 

浜田喜一さんという有名な追分の唄い手さんがおられまして・・・

大正生まれ、初代がですね・・・

 

 

IMG_8516

⬆︎  曲を聴くには画像をクリックしてください。

 

江差追分 (前唄・本唄・後唄)/ 初代 浜田喜一 (ビクター)

1968年発売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引越しの荷解きもままならない日々ですが・・・

この週末は、ちょっと息抜き!

 

 

 

 

土曜日・・・・・空は快晴です!

 

1か月ぶりのゴルフは、芥屋ゴルフ倶楽部!

プロツアー観戦で、先週ギャラリーとして来てはいるんですが・・・・

 

 

IMG_2534

 

 

 

遅いスタートでしたが、まだアサガオが開いていました。

 

 

 

 

ツバキの実はこんなに大きくなってます。

 

IMG_2532

 

 

 

 

もう秋ですね・・・・・

 

 

木々や植物を愛でていると、ゴルフのほうはすっかりおろそかになりまして・・・

ツアー直後のグリーンはかなりの難物で・・・見事に3パットを連発してしまいました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日・・・

午後から、父の法要の準備などでちょっとバタバタしましたが・・・・

 

 

 

夕ご飯は、最近小戸にオープンした中華を覗いてみることに。

前からちょっと気になってまして・・・・

 

アジアンキッチン 餃子のHana87 (ハナハナ)  というお店です。

 

 

IMG_8459

 

アジアンキッチン 餃子のHana87 

福岡市西区小戸4-3-39/050-5594-3441

 

 

 

どの料理も結構辛いんですが、味はなかなか!

 

 

IMG_2540

 

IMG_2539

 

IMG_2542

 

IMG_2541

 

 

 

リピートあり・・・・ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

♫    ♫    ♫     TODAY’S MUSIC     ♫    ♫    ♫

 

 

晴れた日には永遠が見える 〜 On A Clear Day, You Can See Forever

という曲があります。

 

1960年代に映画にもなったミュージカルの主題歌です。

 

IMG_8462

 

On a clear day
Rise and look around you
And you’ll see who you are
On a clear day
How it will astound you
That the glow of your being
Outshines every star
You’ll feel part of every mountain sea and shore You can hear
From far and near
A word you’ve never, never heard before…
And on a clear day…On a clear day…
You can see forever…
And ever…
And ever…
And ever more. . .

 

 

よーく晴れた日

目覚めたらまわりを見渡してみて

そうすると  自分がなんなのかよく見えてくる

どの星よりも

自分が強く輝いていることにびっくりさせられるでしょう?

ほら  山や海や海岸の一部になったように感じるでしょう?

あそこから ここから

今まで聞いたことのない新しい世界の音が聞こえてくる

スッキリ澄んだ晴れた日には

どこまでも見渡せるの

永遠を見ることができるのよ

 

 

 

 

ピアノトリオの素敵な演奏がたくさんありますが

今日はオスカー・ピーターソンの1965年のアルバムを紹介します。

 

 

GIRL TALK/Oscar Peterson (MPS)

Oscar Peterson(p), Ray Brown(b), Sam Jones(b), Bob Durham(ds), Louis Hayes(ds)

1965〜1968年録音

 

 

1  On A Clear Day

2  I’m In The Mood For Love

3  Girl Talk

4  Medley:I Concentrate On You 〜 Moon River

5  Robbin’s Nest

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月末に芥屋ゴルフクラブで開催されるKBCオーガスタ ゴルフトーナメント・・・

このところ毎年観戦に出かけています。

 

 

今年も3日目に見参!

毎年滅茶苦茶に暑くて・・・ほとんどクラブハウスに入り浸ってるんですが(笑)

 

今年は朝から曇り空で、グッドなギャラリー日和でした!

 

IMG_2525

 

 

 

選手の姿やショットは撮影禁止なので撮っていませんが・・・

ネットのギャラリーから・・・

 

 

 

片山晋吾、ちょっと痩せすぎ?

 

IMG_8260

 

 

池田勇太、この日好調で首位に。でも、ファッションが・・・キャラどうりで⤵︎

 

IMG_8259

 

 

藤田寛之、小柄でした、やっぱ。

 

IMG_8261

 

 

 

 

みなさん、明日の最終日、頑張ってください。

 

 

あ、韓国のチャン・キム選手、滅茶苦茶飛びます。

キャリーで350ヤード飛んでたみたい。

打球が他のプロと全然違いますから。

今日の10番ホール、衝撃のドライバーショットでした‼️

 

IMG_8262

 

 

 

 

 

 

♫    ♫    ♫     TODAY’S MUSIC     ♫     ♫     ♫

 

 

今年のKBCオーガスタでは・・・

スタートホールで選手のテーマソングが流れるという史上初の試みをやってまして・・・・

これがなかなか好評だったみたいですよ。

 

 

 

曲は、主催者が勝手に決めたものらしいんですが (笑)

 

 

その中で、藤田寛之選手のテーマソングがチューリップの「サボテンの花」・・・

これがひときわ爽やかで、とてもいい感じでした。

 

 

で、今日の1曲は、チューリップの「サボテンの花」です。

 

IMG_8263

 

⬆︎  曲を聴くには画像をクリックしてください。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石川県の小松空港の近くに"片山津"という温泉地がありまして、仕事を兼ねて行ってきました。

 

 

 

石川県小松市にある小松ウォール工業という建材メーカーさんの新工場を視察するお仕事です。

広大な敷地に何棟も工場が建っています。

このエリア全体がこの企業という感じでした。

 

IMG_2562

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片山津温泉は柴山潟という海水湖に面した温泉地で、結構大きな温泉街です。

 

IMG_2564

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿泊は「佳水郷」とい温泉リゾートで、10年ほど前にアパホテルグループになったそうです。

アパホテルグループはこの小松が出身だそうで・・・・なるほど。

装備がちょっと古いけど、立派なリゾート旅館でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋から眺める柴山潟の日の出が最高に綺麗でした。

カンドー!

 

IMG_2483

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので、2日目は名門「片山津ゴルフ俱楽部白山コース」を回ってきました。

 

 

日本オープンや日本女子プロ選手権が開催される難コースです。

深いバンカーに囲まれた狭いグリーンは福岡の古賀ゴルフをイメージさせられました。

スコアはというと・・・ま、楽しく回れたということで・・・・

 

IMG_2567

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなバンカーばっかりで・・・・

 

 

 

 

 

 

 

石川県といえば金沢や能登というイメージが強いんですが、県西部にも良いところがありますね。

北陸がまた身近になったお仕事ツアーでした。

 

感謝!

 

 

 

 

 

 

♫     ♫     ♫

 

 

戦後から今日まで現役で活躍する穐吉敏子さんは1950年代に単身アメリカに渡り、

バークリー音楽院で本場のジャズを学んで日本に広めた日本モダンジャズのパイオニアです。

 

 

 

 

穐吉さんが修行時代にアメリカで吹き込んだ何枚かのアルバムは、モダンジャズピアノの第一人者バド・パウエルの奏法を取り入れた素晴らしい演奏で・・・・・・

 

彼女がストーリーヴィルレコードという超マイナーなレーベルに録音した『TOSHIKO』は、シンプルなピアノトリオによる素敵なアルバムです。

 

 

IMG_2570

TOSHIKO/穐吉敏子 (Storyville)

 

 

穐吉敏子(p), Paul Chambers(b), Edmund Thigpen(ds)
1956年録音

 

 

 

 

 

1  Between Me And Myself

2  It Could Happen To You
3  Kyo-Shu (Nostalgia)
4  Homework
5  Manhattan Address

6  Sunday Afternoon

7  Blues For Toshiko
8  Soshu No Yoru
9  Softly As In A Morning Sunrise

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、仕事仲間の由岐君が家業の社長に就任したお祝いのゴルフ会を開催しました。

 

 

 

会場は雷山ゴルフ倶楽部!!

 

フロントティからだと距離がないので比較的楽なんですが・・・・

レギュラーティからだと6,500ヤード近くあって、そこそこハードなコースです・・・

 

結構狭いし。

 

 

 

今日は、もちろん、ハードなレギュラーティからです!・・・ハイ・・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

最終ホールでまさかの池ポチャ・・・

トリプルボギーで、スコア90に転落・・・

悔しいラウンドになりました〜

 

 

 

 

 

 

夜のパーティは、いつもお馴染み、薬院の『ラ・カーサ・ディ・ナオ』さん!!

 

ナオさんのピッツァが大好きで・・・

石橋シェフのパワフルな料理を食べながら、ゴルフに、仕事に、話しが盛り上がりました。

 

 

 

LA CASA DI NAO

福岡市中央区薬院4-8-6/092-404-7030

 

 

 

 

 

 

ワインを戴いたので、帰りはいつもの運転代行をお願いします。

もう何年もお願いしているので、寝ていても家まで送り届けてくれます(笑)

 

 

 

で、代行さんから季節のお届け物で戴いたのが、天野のアップルパイ

何年か前にも一度いただいて、すごく美味しかったアップルパイです。

 

 

 

 

アップルパイの天野』さん・・・・

 

粕屋郡で10月から3月の間だけ限定でオープンしているパイのお店だそうです。

まだ行ったことがありませんが、是非足を運んでみたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫    ♫    ♫    TODAY’S  MUSIC    ♫    ♫    ♫

 

 

ずっと昔・・・

中学時代ですけど(笑)

私のエースミュージシャンは サイモン&ガーファンクルでした。

 

今でも S&G を聴くと青春時代が・・・・(笑)

 

 

 

S & G・・・

 

少し謎めいた社会派の詩とメロディックな曲想、

そしてアコースティックなアレンジ、ホント、良いですね。

 

名前からわかる通り、二人ともユダヤ系アメリカ人です。

ユダヤ系のミュージシャンってポップスに限らずとても多いですけど・・・・

きっと芸術の才能が飛び抜けて高い民族なんでしょう。

 

 

で、『ミセス・ロビンソン』・・・映画「卒業」の挿入歌です・・・

今聴いてもカッコ良い曲です!

 

 

覚えてますか?・・・

キャサリン・ロス演じるヒロイン 〜 エレーンの初々しさ・・・・

アン・バンクロフト演じるロビンソン夫人の気だるい雰囲気・・・・

くぅ〜、良かったですね!!

 

ダスティン・ホフマン君、メッチャ頑張ったし!

 

 

 

BOOKEND/Simon & Garfunkel (CBS)

1968年発売

 

 

1  Bookend’s Theme
2  Save the Life of My Child
3  America
4  Overs
5  Voices of Old People
6  Old Friends
7  Bookends Theme
8  Fakin’ It
9  Punky’s Dilemma
10  Mrs. Robinson
11  A Hazy Shade of Winter
12  At The Zoo

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年恒例のKBCオーガスタゴルフトーナメントを観戦してきました。

土曜日なので、決勝ラウンド1日目です。

 

 

 

 

会場は芥屋ゴルフクラブ。

首位を快走する石川遼くんは、急遽参加が決まったのでパンフレットには載ってませんでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝は若干曇りがち・・・・

スタート時分には雲も晴れて、今日もアツアツになりそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロのスイングを間近に見るのは久しぶりですが・・・

皆さん、軽く振っているのによく飛びますね・・・・当たり前ですが・・・(笑)

 

勉強になりました!

 

 

 

それにしても、石川遼くんは強いですね。

アメリカのツアーでは苦労してますが、日本に戻ったら簡単に勝ってしまいますからねえ・・・・

 

今回も優勝しちゃいそうですよ・・・・たぶん。

 

 

 

この日は割に地味なウェアでした・・・

ウェブ 画像ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

他の男子プロ、マナーやファンサービスも含めて、もうちょっと成長しましょうよ!

ちょっと苦言・・・・(>人<;)

 

 

 

 

 

 

 

 

♬   ♬   ♬

 

 

 

The Night Has A Thousand Eyes 〜 夜は千の目を持つ・・・という曲があります。

ちょっと神秘的で洒落たタイトルですよね・・・

 

 

 

ジョン・ファロー監督、エドワード・G・ロビンソン主演、

古いミステリー映画の主題歌で、ボサノバで演奏されることが多い曲です。

 

Don’t whisper things to me you don’t mean

For words down deep inside can be seen by the night

The night has a thousand eyes

And it knows a truthful heart from one that lies

 

その気がないなら、私にささやいたりしないで

どんなに秘めた言葉でも夜には暴かれるものよ

夜は千の眼を持っている

本心なのか口先だけなのか、夜はお見通しなの

 

 

 

巨匠 ソニー・ロリンズ が、

1960年代に入ってRCAに録音した 『WHAT’S KNEW ?』というアルバムに収録されています。

 

 

 

WHAT’S KNEW ?/Sonny Rollins (RCA)

Sonny Rollins(ts), Jim Hall(g), Bob Cranshaw(b), Ben Riley(ds), Dennis Charles(perc), Frank Charles(perc), Willie Rodriguez(perc), Candido(perc)

1962年録音

 

 

1  If Ever I Would Leave You

2  Jungoso

3  Bluesong

4  The Night Has a Thousand Eyes

5  Brown Skin

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきまで、テレビで全英オープンのファイナルラウンドを観てました。

 

 

ヘンリク・ステンソンとフィル・ミケルソン・・・・・

 

最後はパットの差というか、運というか・・・

ラスト5ホールのステンソンのロングパットは神がかってました。

ミケルソンの粘りのパットも驚異的でしたけど、あと1センチでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のコースとなったロイヤル・トゥルーンGC (Royal Troon Golf Club)・・・

スコットランドのゴルフ場でオールドコースとポートランドコースがあり・・・

 

全英オープンにはオールドコースが使われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、単なる草むらみたいじゃないですか・・・(笑)

優勝スコアは20アンダーだったけど、アマチュアが廻ってスコアになるんでしょーか・・・・

 

 

 

 

 

 

でも、プレイの合間に時々映っていたクラブハウスは素敵でしたね。

1878年の創設って書いてあります。

 

 

 

 

 

 

プレイフィーは土日にかかわらず、オンシーズンが220ポンド (約30,000円)・・・・

オフシーズンが165ポンド (約23,000円)となってるから、

名門コースとしてはまあぼちぼちの値段です。

 

 

ホームページのクラブハウス案内がグーグルマップ風の360度レンズになっていて

館内をバーチャルに見て回れるのにはちょっとびっくり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなホームページ持ってるゴルフ場って日本にはないかも!

さすが全英オープン・・・・でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫   ♫   ♫

 

スコットランドの楽器といえばバグパイプ・・・

この楽器を使ってジャズを演るのが、

フィラデルフィア育ちのアメリカ人ジャズマン 〜 ルーファス・ハーレイです。

 

 

彼が1988年にパリで録音した『FROM PHILADELPHIA TO PARIS』・・・・

共演はジョルジュ・アルバニタ・トリオですから、けっこうちゃんとした4ビートジャズです。

でも、なんとも不思議なバグパイプのジャズ・・・・

 

聴いてみてください。

 

 

 

FROM PHILADELPHIA TO PARIS/Rufus Harley (Carrere)

Rufus Harley(bagpipe), George Arvanitas(p), Jacky Samson(b), Charles Saudrais(ds)

1988年録音

 

 

1  Scotland The Brave 〜 Moon River
2  Me To Me
3  Greensleeves
4  Sem La
5  Oui Free
6  Home Coming
7  Moon River
8  The Monkey Driver
9  Amazing Grace
10  Nancy With The Laughing Face

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、アメリカスポーツのビッグマッチがふたつも最終日・・・大変です !!

 

 

 

ひとつめ・・・ゴルフの全米オープン!!

 

ダスティン・ジョンソン、やっと勝てました!!

特にファンではないですが(笑)毎年あと一歩でしたから、この人・・・・・良かったですね!!

 

 

 

image

キャリーが300ヤードを超えるダスティンのトップスイング

 

 

 

 

難しいんですね、開催コースのオークモントCC・・・・4日間でアンダーパーが僅か4人でした。

でも、このクラブハウス・・・・綺麗なデザインです!

職業柄ですね・・・・ついつい目に入ってしまいます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふたつめ・・・NBAファイナル最終戦

ゴールデンステート・ウォリアーズ vs クリーブランド・キャバリアーズ。

 

 

私の予想は大ハズレで・・・m(_ _)m

クリーブランド・キャバリアーズが土壇場からの逆転3連勝で奇跡の優勝です!

 

 

 

優勝トロフィーを掲げるキャバリアーズのレブロン・ジェームス・・・当代NBAのナンバーワンでしょうね!

 

 

 

 

最終戦となった第7戦は93-89のロースコアをつぶさに見てみると・・・・

 

両チームのポイントゲッター3人の得点が、

CC  レブロン・ジェームス27点

GW  ステフィン・カリー14点

GW  クレイ・トンプソン17点

 

 

ど派手なシュート合戦を得意とするポイントゲッター達が、この低得点です。

最後はやっぱ、ディフェンスなんですね・・・・納得・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NBAファイナルが終わると、寂しくなります・・・

 

でも、今年は8月からリオ・オリンピック・・・NBAドリームチームが楽しみです。

でも辞退者も多いみたいで・・・ちょっと残念・・・(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

♫   ♫   ♫

 

ジャズのライブアルバムはスタジオ録音とはまた違った魅力があります。

 

 

 

これまで聴いた中で一番エキサイティングだった演奏は・・・

ウェス・モンゴメリーのライブ盤!!

FULL HOUSE というアルバムに入っている Blue ‘N’ Boogie ですね!!

 

 

ウェスのギター 〜 ウィントン・ケリーのピアノ 〜 ジョニー・グリフィンのテナーサックス

次々と続くアドリブから、ドラマーのジミー・コブとのソロ交換・・・・

 

くぅー、たまらん!

・・・の世界です。

 

 

FULL HOUSE/Wes Montgomery (Riverside)

Johnny Griffin(ts), Wynton Kelly(p), Wes Montgomery(g), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds)

1962年録音

 

 

1  Full House

2  I’ve Grown Accustomed To Her Face

3  Blue ‘N’ Boogle

4  Cariba Up

5  Come Rain or Come Shine

6  S.O.S.

 

 

 

 

 

 

 

 

またまたNBAファイナルの話題です。

 

 

今年はあっさりゴールデンステート・ウォリアーズの優勝で終わるかと思ったら・・・・

なんとクリーブランド・キャバリアーズが2勝3敗と盛り返して・・・

第6戦にもつれ込みました!

 

 

 

image

↑  オラクルアリーナのオープニングアトラクションです

 

 

 

 

 

 

第5戦は、キャバリアーズのレブロン・ジェームスとカイリー・アービングが

ともに41点を取るという大車輪の活躍で、キャブスが快勝しましたね!

 

 

 

※ 今回の画像は全部 nba.com のウェブ画像です(^人^)

 

 

 

 

 

第6戦は金曜日。キャブスのホームゲーム・・・・ちょっと目が離せなくなりました。

わたし的には、キャブスの大逆転優勝に期待しているんですが・・・・

 

 

 

 

 

 

♫   ♫   ♫

 

「ワークソング 」という曲があります。

1960年にコルネット奏者のナット・アダレイが作曲した4ビートジャズです。

時々、無性に聴きたくなる曲なんです。

 

 

当時、ファンクの卸商人 (なんのこっちゃ?) と渾名されたナットの兄 〜

キャノンボール・アダレイが来日した時の録音があります。

 

 

 

NIPPON SOUL/Cannonball Adderley (Riverside)

Nat Adderley(cor), Julian Cannonball Adderley(as), Yusef Lateef(oboe, fl, ts), Joe Zawinul(p), Sam Jones(b), Louis Hayes(ds)

1963年録音

 

 

1  Nippon Soul

2  Easy To Love

3  The Weaver

4  Tengo Tango

5  Come Sunday

6  Brother John

7  Work Song

 

 

 

 

 

 

 

 

NBAファイナルは、結局、東西両地区の1位同士の対決になってしまいました・・・・

 

 

ゴールデンステート・ウォリアーズ vs クリーブランド・キャバリアーズ

これ、昨年と同カードです。

 

 

 

ウォリアーズのポイントゲッター〜ステファン・カリーは絶好調!!

 

 

 

 

今年のウォリアーズ・・・

セミファイナルのオクラホマ・サンダー戦を1勝3敗からの3連勝で勝ち上がった時点で・・・

ファイナルの結果も何となく見えちゃった感ありかなあ・・・

 

 

 

案の定、ファイナルのキャブス戦、第1戦〜第2戦とウォリアーズの圧勝・・・

キャブスは去年と同様、なす術もない状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0勝2敗と追い込まれたキャバリアーズが、ホームに戻った第3戦をどう巻き返すのか・・・

 

キャブスはエースのレブロン・ジェームズの個人プレーだけが頼みの綱・・・・

一方のウォリアーズは、先発全員、スピードと3ポイントシュートを決めまくる!!

 

ウォリアーズのスイープ(4戦全勝)か・・・・

今年は、そんな気配が濃厚です。

 

 

連敗に天を仰ぐキャバリアーズの絶対エース〜レブロン・ジェームス。

 

 

 

 

 

 

 

♫  ♫  ♫

 

前回も紹介した70年代ポップス!!

やっぱ、いいですね・・・古いけど    (^人^)

 

フィフス・ディメンションという黒人5人のヴォーカルグループ!!

覚えてます?

フラワームーブメントの時代ですよ・・・

ほら、伝説の「ウッドストック」とか・・・

 

懐かしい〜(笑)

 

 

 

 

輝く星座 ・・・・

ロックミュージカル『ヘアー』で使われた曲です!!

 

2つの異なる曲がメドレー風に歌われるんですけどね・・・・

AQUARIUS から LET THE SUNSHINE IN へ曲が移るところ・・・・

 

くぅ、カッコいい!!

 

 

 

AQUARIUS 〜 LET THE SUNSHINE IN/The 5th Dimension (Liberty)

 

 

Aquarius 〜 Let The Sunshine In  c/w The Magic Garden

1969 年発売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NBA・・・

 

 

コービー・ブライアントが引退してガッカリしていたら

プレーオフのカンファレンス (地区) ファイナルが大接戦・・・!!

 

メッチャ熱くなってます。

 

 

 

 

 

今期のNBA西地区・・・

ステファン・カリーを擁する<ゴールデンステート・ウォリアーズ>が

史上初のシーズン73勝 (9敗) をあげて独走。

 

 

プレーオフを楽勝で勝ち抜くかと思いきや・・・

地区3位の<オクラホマシティ・サンダー>が、ここにきて大爆発・・・

2勝1敗と勝ち越しています。

 

ケヴィン・デュラントとラッセル・ウェストブルックの2枚看板が絶好調なのです。

 

 

 

S. カリー

K. デュラント

R. ウェストブルック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、 東地区・・・

 

レブロン・ジェームズを擁する<クリーブランド・キャバリアーズ>が圧勝!!

と予想されていたのに・・・

地区2位の<トロント・ラプターズ>が2勝2敗のタイブレークに持ち込んでいます。

 

デマー・デローザンとカイル・ロウリーのガードコンビがいい仕事しています。

 

 

 

L. ジェームズ

D. デローザン

K. ロウリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4手先勝。

はたして、どのチームがファイナルに駒を進めるのか?

プレーオフから目が離せません !

 

 

 

 

 

 

 

♫   ♫   ♫

 

60年代ブラックミュージック・・・・けっこう好きです。

 

 

フィフス・ディメンション、オーティス・レディング、パーシー・スレッジ、ベン・E キング、

シュープリームス、などなど・・・・

 

 

中学生の頃、ラジオから流れるオーティス・レディングの The Dock Of The Bay・・・最高でした。

 

 

THE DOCK OF THE BAY/Otis Redding (Atco/Atlantic)

1967年発売

 

 

1  The Dock Of The Bay

2  I Love You More Than Words Can Say

3  Let Me Come On Home

4  Open The Door

5  Don’t Mess With Cupid

6  The Glory Of Love

7  Tramp

8  The Huckle-Buck

9  Nobody Knows You

10  Ole Man Trouble

 

 

 

 

 

 

 

NBAバスケットボールのスーパースター、

ロサンゼルス レーカーズのコービー・ブライアントがついに引退です・・・・

 

 

 

1990年代、神様マイケル・ジョーダンの引退と入れ替わるように登場してから20年・・・・

レーカーズファン、コービーファンとしては寂しい限りです。

驚異的な身体能力とオールラウンドな得点力。

 

シャキル・オニールとのコンビでファイナル優勝を重ねた全盛期が忘れられません。

 

 

 

 

コービー Kobe と言う名前は両親が神戸ビーフが大好きだったからだそうで・・・・

それを聞いて一層ファンになりました。

 

NBAには今、レブロン・ジェームズというスーパースターがいるとはいえ・・・・

コービーのように器の大きい華のある選手はもう出てこないかも知れません。

 

image

・・・・ウェブ画像です

 

 

 

 

1996年から、スコッティ・ピペンデニス・ロドマンとのチームでNBA3連覇を果たした直後に、

マイケル・ジョーダンが引退した時も、

けっこうロスな状態になったのを思い出してしまいました・・・

 

シカゴ ブルズ一筋のジョーダン、かっこ良かったですねえ。

フィル・ジャクソン ヘッドコーチのトライアングル オフェンス・・・

 

覚えている方いらっしゃいますか?

 

 

ジョーダンのもの凄いダンク画像です。

フリースローラインの外側からここまで飛んで来るんですからね。

 

・・・・ウェブ画像です

 

 

NBAの話になるとついつい饒舌になってしまいます。

 

 

 

 

 

♫ ♫ ♫ TODAY’S MUSIC ♫ ♫ 

 

NBAにはポップな音楽が似合います。と言っても、1970年代のポップですが(笑)

シンセサイザーの音がまだ新鮮だった時代・・・

 

ハービー・ハンコックの『HEAD HUNTERS』が不思議と気持ち良かったですね。

 

HEAD HUNTERS/Herbie Hancock (CBS)

Bennie Maupin(ts,ss,saxello,bass-cl,alto-fl), Herbie Hancock(e-p,clavinet,synth), Paul Jackson(e-b), Harvey Mason(ds), Bill Summers(perc)

1973年録音

 

 

1  Chameleon

2  Watermelon Man

3  Sly

4  Vein Melter